女も男も30代後半からはホワイトジーンズが似合うオトナになりたい 着こなしポイント

ホワイトジーンズ

スタイリッシュに着こなす方法はこちら

ホワイトジーンズを着こなすのはなかなか敷居が高いと思われがちですが、

実は、正しいポイントを押さえて着こなせば、断然差が出るオシャレな着こなしが楽しめます。

僕も、週に1度はホワイトジーンズを着て楽しんでいます。

通常のブルーウォッシュのジーンズよりも難しいわけではないのですが、どうも敬遠しがち、それは、手入れの問題もあるのでしょう。手に取るのは、どうしてもブルーになってしまう気持ち、わかります。

だけど、間違って着用すると、いわゆる、ダサク見えてしまうのが、このホワイトジーンズ。

着方によって、信じられないほどシックに見え、また、カジュアルにも変身できるんですよね。

ホワイトジーンズとトップス

ホワイトジーンズとの相性が合うのは絶対といっていいほどボタンダウンシャツ。

僕は、このコンビネーションは定番でかつ、失敗ないスタイルと思っています。

 

ただし、適切な色の選択が大切。

淡いシャツはジーンズと混ざり合ってしまい、どこかの歌手のバックダンサーのように見えるので避けたいです。

ラルフローレン デニムシャツ 長袖 シャツ メンズ レディース ボタンダウン POLO RALPH LAUREN 長袖シャツ 大きいサイズ USAモデル ブランド カジュアル ファッション おしゃれ ワンポイント ダンガリーシャツ インディゴ デニム シャンブレー S M L XL 2XL

価格:13,200円
(2021/6/2 21:42時点)

白と対照的なインディゴシャンブレーシャツのようなものは安心です。インディゴシャンブレーの例は、このようなシャツ柄です。


インディゴシャンブレーシャツ

または、ペイズリーやシルクのような質感の太いストライプなどの柄物のシャツを選びましょう。よく多用しますが、夏場は少し、あつぼったくなりますので、季節の選択に注意で、始めは難しいかもしれません。

よりカジュアルな雰囲気を好む人には、Tシャツを合わせたホワイトジーンズが最適です。

デニムとカーキまたはネイビーのTシャツのコントラストは定番!

これはシャープに見え、日焼けのような錯覚を与えるという意味では、男前がアップしますよ。例えば、上の写真の右、左の男性ですね。

 

ホワイトジーンズをドレスアップする方法

ホワイトジーンズは、クラシックなネイビーブレザーと合わせて着用するとセンセーショナルに見えます。これはお勧めの着こなしです。誰もが、ネイビー系のブレザーをお持ちだと思いますので、そのセットで行けば、間違いないですね。

HUGO BOSS (ヒューゴ ボス) ウール100% シングル 2つボタン ブレザーブランド メンズ 男性 アウター ジャケット テーラード 紺ブレ ウール ブレザー シンプル フォーマル ビジカジ HBJEWEL10224752

価格:53,900円
(2021/6/2 22:11時点)

 

僕の保有しているネイビー系のジャケットですでに20年着ている大切なものがREDAイタリア生地を使用。愛しているジャケットの1つです。絶対いいものを買った方が良いです。長年着れますから結果ファーストファッションよりは安くなります。特に定番の服はそういえます。


ダークブラウンのスエードベルトとローファー(写真右)も鉄板です!! 僕もよくやるスタイル!!

シャツは、何度も取り上げている、オーダーメイドシャツ「KEI」をお勧めです。

サイズ確認だけならもちろん無料です。
あらゆる場面において、着ているもので相手の対応なども違ってきますので、これを機にぜひどうぞ。
納期まで40〜50日かかりますので、余裕をもった注文が安心ですね。

ホワイトジーンズと一緒に履く靴

ホワイトジーンズや靴に関しては、ローファーやダブルモンクストラップの2択以外ないと言ってもいいでしょうね。

足首を少し見せびらかすのが好きです。

靴下を避けることで、見た目がアップ。

僕が今度買おうと思っているのが、サントーニなどのタッセルローファーは、何度も着用できる素晴らしいオプションです。

https://shop.r10s.jp/ripostiglio/cabinet/f-wmsho-r5-420-8/1_62938661.jpg
a_id=2644353&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616" alt="" width="1" height="1" style="border: 0px;" />

 

ホワイトジーンズは何がいいのか?

僕は、実はホワイトジーンズを5着ほど保有しています。それは、手入れの問題。つまり、やはり、汚れが落ちずらい、目立ってしまうと、白ですから落ちない汚れが気になってしょうがないからです。クリーニングに出しても完璧に消えない、汚れ跡がどうしても残ってしまうことが気に入らないからです。

僕のホワイトジーンズ汚れの写真ですが、どうしても、気づかないうちに汚れができてしまいます。残念なのが、多くの方は、そのことに気付いているんですが、履き続けてしまうこと。色褪せた、または、汚れが少しでもあるホワイトジーンズはシックさがなくなり、だらしなさが倍増してしまうんですよね。

だから、僕が保有している5着はリーゾナブルな価格で、履き潰しができる物を買っています。

街歩きにも、ややセミカジュアル的な場面でも大丈夫な、素材を使った、台湾の有名デザイナーのブラザーワン氏のホワイトジーンズが気に入って、僕が投資している会社のsotinterioにも取り扱うよう紹介しております。もう、数年のお付き合いのジーンズです。

ホワイトジーンズを購入する際に何を探すべきか

第一に、フィット感に焦点を当てる。できれば、写真のような感じくらいがいいです。そのために、気持ちフィットが強いくらいで十分で、素材はストレッチがきいているものをお勧めです。動いてないときはフィット、動いているときはストレッチが動きを邪魔しません。だから、ブラザーワンデザインのジーンズが最高に気に入っております。できれば、スリムフィットかストレートを選択してください。

第二に、余分なジッパーとスタッドはいりません。見る人も目がそこに行ってしますからです。

第三に、お手入れ方法をよく理解することです。

汚れたクリーム色は全滅させます。ですので、何本か保有していることをお勧めです。