シャンボードがダサいって?コーデを含めて今一度確認

 

とにかく人気の革靴
パラブーツ シャンボード

 

しかし、「シャンボード ダサい」
というキーワードでの検索が結構あるようなので
今回は、、、

 

・シャンボードのどのあたりについてダサいと感じる人がいるのか

・それって、実は長所の裏返しなのかも

・実際のコーデも見てみよう

 

というテーマでお送りします。

 

シャンボードがダサい?

タグがワークブーツっぽい

シャンボードがダサい、という理由でまず見受けられたのが

”あのグリーンのタグがワークブーツっぽい”

という事です。

 

いやいや

気に入らないのならぶった切ってしまえば良いのでは、、、

とも思いますが、

 

僕などは、むしろあのタグ好きなんですよね。
あのささやかな主張がないと、逆になんかさびしいです。

 

それに、ワークブーツっぽいテイストのある革靴って
逆に言えばそれだけ色んなシーンで活用できる。

細身のジーパンとの組み合わせに関しては最高レベルですし
スーツにも合わせられないこともありません。

 

つまり、色んな着こなしに対応できるんですね。

 

なのでそこまで気にする事もないと思いますし
本当に気に入らなければ、前述のように切り落とせばOK。

 

おやじ靴っぽい

これはまあ、、、

オヤジ靴っちゃあオヤジ靴ですよね。

特に目立った何かがあるわけでもないので。

 

ただ逆に言えば、先程の項と同様に汎用性の高さ
コーデの幅の広さにつながるので、むしろ長所のようにも感じます。

 

この、ぽってりとしたフォルムも
ゆったりとした履き心地につながっていると思います。

シュッとしたスマートさはありませんが
そのあたり気になるようでしたら、つま先とかかと部分を光らせるだけで、
だいぶ印象も変わりますよ。

僕も、基本的にはつま先かかとは光らせて履いています。

 

関連記事:鏡面磨きを望まないファッショニスタが使う、秒速で靴を光らせる方法

 

 

 

メジャーすぎる

確かに、雑誌などでもしょっちゅう特集されていたりしますし
街でも実際に結構見かけます。

 

 

あまりにメジャーすぎると、どうしてもみーちゃんはーちゃん的というか
何かかっこ悪く感じてしまいますよね。

それは理解できます。

 

 

でも、、、

それって、良い靴であることの裏返しなのでは。

 

・デザイン的にも汎用性が高くシーンを選ばない。

・馴染んでくると履き心地も最高ですし、馴染むまでの期間も
通常の革靴よりは短い。

・そして雨にもハンパなく強い。

 

そりゃ人気も出ますわ。

 

もし、本当に人と被るのが嫌な場合には
白ソールモデルなどの、あまりメジャーでないものを
選択すると良いかもです。

 

関連記事:警告!自分の靴に満足している人はこれを読まないでください。

 

 

 

シャンボードの特徴

シーンを問わず履ける

前述の項でも解説しましたが、とにかく汎用性が高い。

オンオフ問わず履けるのは大きな魅力ですし、
雨だろうが全然問題ないので、旅行用シューズとしても活躍してくれます。

 

そしてやはり、高級靴の部類に入る靴なので
履いていて気分も良いですね。

街歩きの際なども、その履き心地と相まって
実に気持ちよくお散歩ができます。

 

あまりに快適で、いくらでも歩けてしまいそうな感じ。

 

休日に街歩きをするときなど、路線こそ違えど
あのニューバランスM1400とどちらを履くか迷う程です。

 

 

履き心地が非常に良い

ある程度の期間履いていると
革が伸び、中底も足型に沈み、自分だけの一足が完成します。

そうなると、その履き心地は本当に異次元です。

 

中底が足裏に吸い付くような感じですね。

 

路線は違うとはいえ、スニーカーにも全くひけをとらない履き心地です。

全く大げさではなく、本当に素晴らしく快適な時間を提供してくれます。

 

また、冬場に雪が解けてぐちゃぐちゃな路面を30分ほど歩いても
全く中までは浸水してきませんでした。

恐らく、履き口から浸水しない限り、
靴の中が濡れることはそうそうないでしょう。

 

なので、悪天候でもその履き心地は変わらず異次元なのです。

 

 

 

人気が高い

シャンボードといえば、やはり上記のような理由もあり
とにかく人気の高い靴です。

ちょっとした街に出ると、やはりちょこちょこ見かけますね。

いわゆる高級靴の部類に入る靴の中では
最も見かける靴ではないでしょうか。

 

それを嫌う向きもあるようですが、
そのへんは、白紐を入れたり
場合によってはヌバックモデルをオイルアップして
ビカビカに光らせる、という手も。

 

ヌバックシャンボードで光らせている人といえば
リゾルトの林さんが有名ですね。

フェア時に御本人から直接うかがった話では、
ヌバックの毛羽を潰すような感じで、ボロ布で靴クリームを塗りこむそうです。

一般的なブラシではなく布で潰すように、というのがポイントですね。


送料込価格 リッチな靴クリームセット イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム 120ml スプレッドブラシ 靴クリーム塗布用ブラシ ENGLISH GUILD 靴のお手入れ シューケア 靴磨き 梅雨対策

 

 

季節別|シャンボードのコーデ

では、ここでそんなシャンボードのコーデを季節ごとに見てみましょう。

 

春秋コーデ


出典:wear.jp

 

シャンボードの着こなしのポイントは
やはりこのパンツの丈ですね。

くるぶし丈で履くのが、見た目にすっきりしていて良いと思います。

 

また、パンツもこのように細身のものがよく合いますね。

 

 

 

 

 


出典:wear.jp

 

こちらも同様に、細身でくるぶし丈のパンツとの組み合わせ。

濃いめの色のシャンボードは、より汎用性が高くなりますね。

 

全身を細身のコーデでまとめていて上品な感じですが
シャツをチェックにすることで若干の抜け感も出しています。

 

 

 

冬コーデ


出典:wear.jp
こちらはパンツをロールアップすることで
シャンボードに合った丈で履いていますね。

色は、今は販売されていないゴールドのようですね。

僕も同色のものを所有していますが、なかなか経年変化も楽しい色です。

 

全体的にダークトーンでまとめていますが、ゴールドのシャンボードが
いい感じに差し色になっていますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

「シャンボード ダサい」の正体は
個人的には長所の裏返しのように感じました。

 

天候や場所、オンオフ関係なく愛用できるシャンボード。

 

本当に良い靴だと改めて思いました。

一方、シューメンテンスのためのプロ仕様のセットを持っている方は少ないですよね。日本はどうしても、靴にお金や時間をかける習慣がないのが原因でしょうか。
Sotinterio
が販売代理店で扱っているセットです。

あとは、日ごろのシューキーパーを有効に使おう!

  「デートのために奮発して高い革靴を買ったけど、かかとの靴擦れが痛くてデートどころではなかった…

 「営業の仕事で日々歩き回るが、新しい革靴は足の親指が痛くて集中できない…」

 「スニーカーと違い通気性が悪いから、革靴が臭うのは仕方ない…」と悩んでいる方・諦めている方はいらっしゃいませんか?

  そんな悩みを解消し、さらに通気性の悪い革靴特有の“嫌なニオイ”まで脱臭してくれるのが、この天然木で作られたシューズフィッターです!

  靴は履いているうちに伸びて足に馴染んでいきますが、どうしても時間が掛かってしまいます。

  このシューズフィッターはこの「履いているうちに伸びる」という作業を、あなたの足を痛めることなく、 あなたの足の代わりにやってくれるのです。

  さらに、天然木により通気性の悪い革靴特有の“蒸れたニオイ”を脱臭、そして除湿・除菌までしてくれます。 革靴にありがちな「足の痛み」「足のニオイ」「型崩れ」をこのシューズストレッチャーを使って同時に解決しませんか?  

 

      

【 4パターンの使い方 】           

①つま先の痛みを解消するためには、シューズフィッターの前後を伸ばし⻑さを調節します。

②横幅をもう少し広げたい方には、横幅を伸ばし長さを調整します。

③足指の痛みを解消するには、ダボ(商品写真の⿊い突起物)を使用し、靴と足との干渉が気になる部分に当て、靴を左右に広げて幅を広げ痛い箇所にピンポイントで広げることができます。

④靴のサイズに合わせるだけで型崩れを防ぎ、靴に入れておくだけで天然木の優しい香りが脱臭・ 除湿・除菌をしてくれます。使用の効果は数時間~数日で伸ばして使うことができます。(広げ過ぎにご注意ください)    

 

 

天然木の優れた効果を存分に発揮し、あなたの足に合わなかった靴を「あなたの足に合う靴」へ。

 靴の悩みを一発解消 

・初デートのために革靴を買い替えたが…かかとの靴擦れが痛くて楽しめなかった…

・仕事で毎日履くから慣れると思っていたが…何日履いても親指の付け根が痛い…

・ネットで購入したがサイズが小さく、靴箱の肥やしになったままの革靴がある…

こんな悩みを抱えるあなたに、 我慢し続ける前に一度試してみてください。

お気に入りの靴を気持ちよく履けるようになります。

 

足の裏は汗腺が集中しており汗をかきやすく、1日あたりコップ1杯もの汗をかいているとも言われております。

その汗を吸収している靴には湿気がこもりやすく、風通しが悪いのでカビにとっては魅力的な環境となってしまいます。

特に本革の革靴はカビにとっていい栄養分となってしまい、他の靴よりもカビやすい傾向にあります。

この件は、別に記事を紹介しておりますので、ご覧ください。

 

この「シューストレッチャー」の販売は、こちら Sotinteriorで取り扱っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

おすすめの記事