リゾルト710が3年経過! 色落ち具合がいい感じ♪

うちの初代710が、履き始めから丸3年経ちました。

ということで、現在の経年変化の図をご紹介します!

まずは全体像

前側はこんな感じに成長してます。

 実物は、更に明るい色になってますが、写真だと少し暗く写りますね…

 

しかし程よいヒゲと耳のアタリが印象的な、見事な成長具合です^ ^
後ろ側はこんな感じです。

バックポケットの縫い代のアタリで、リゾルトとすぐにわかりますね!

そして洗濯&乾燥機直後のお姿

 

 

気になる各パーツを見てみましょう

コインポケットの稲妻やフロントポケットの携帯の跡が良い味出してます。

 

ボタンフライの跡も

そして…

 

リゾルトと言えば…

この、耳のアタリ!

裾のチェーンステッチのアタリもたまりません。
このウネウネ具合がまた大変よろしい。

 

 

そしてバックポケットの、この縫い代のアタリの拡大図。
個人的に、この部分がすごく好き。

 

 

洗濯頻度がかなり多いので(週に1度、夏場は履く度に)ヒザ裏のハチノスはうっすらですねぇ。

 

最初はやたら輝いていて、本当に味が出てくるのだろうかと思ったボタンやリベット類も

確実に成長しています。

自分で育てたジーパンは、本当にいくらでも眺めていられますよね。

 

どれだけ眺めていても飽きません。

これだけをつまみに、ひと晩飲みあかせる気がします(笑)

 

気になる洗濯方法は?

基本的には汚れたら迷わず洗います

表のままボタンを閉じて、普通に洗濯機でまわします。
洗剤も、特に気にしたことはありません

 

そして、乾燥機を高温で40分
高温乾燥機のないコインランドリーでは50分乾燥。

ちなみにほぼ毎回、乾燥機は使ってます。

 

リゾルトエイジングのすすめ

 

3年ものの710

いかがでしたでしょうか?

 

色落ちも、履き方や洗濯頻度、サイズ選びや生活習慣などで当然違ってきます。

 

自分で育てた世界に1本の、最高にかっこいいジーパン。

あなたも是非、育ててみませんか^ ^

 
RESOLUTE 710 60年代モデルDENIM【smtb-k】

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

次の記事はコチラです→
リゾルト710|3年5ヶ月経過しました

 

おすすめの記事