ジーパンやシューズを中心に、ファッションと関連情報を本音かつ主観で綴っていきます!

低身長メンズのファッション辞典|正しい革靴選びをしよう

2019/06/07
 
スポンサードリンク

 

低身長メンズのスニーカー選びの記事はコチラ

 

ファッションの基本は、やはりシューズ選びですね。

シューズ次第で結構どっちにもいってしまいます。

 

しかし、そのシューズ選び。

特に身長が低いメンズの場合、ちょっとしたコツが要求されます

 

この記事では、そのコツ+α
そして低身長メンズでも間違いのない靴を何点かご紹介していきます。

 

低身長メンズが靴を選ぶ際のポイント

身長をカバーする靴選び|基本的なポイント

まず、身長が低い事をカバーする靴選びについては
基本はスニーカーと同じです。

 

参考記事:身長が低くてもカッコよく履きこなす為に

 

色合いとボリュームについて

特に身長が低い場合には、コーディネート全体を通して
なるべく相手の目線が下にいかないようにするのが良いです。

というか、相手の目線を高いところに、なるべく上に持ってこさせる事で、
身長の低さを感じさせにくくします。

 

なので靴選びの際にも、着用している靴が悪目立ちしないようにする必要があります。

ということは、
「カラフルな靴やあまりボリューミーな靴は避ける」
「ヒールもあまり高くないものを履く」
となるでしょう。

 

また、シューズの占める表面積なども考えると、履き口が浅めの靴の方が
よりバランスが取れるように感じます。

 

靴の色合いに関しては、パンツと同系色、というのは安心な選び方ですね。

とはいえ、パンツもやはり数種類の色合いのものをお持ちの事でしょう。
であれば、悪目立ちしない色、ダーク調の色合いで選ぶ、という手もあります。

特に、身長の低いメンズの場合、明るい色や目立つ色は上にもってきて
それによって相手の目線も上に、というのが重要です。

なので色合い的にも、あまりインパクトのある色などはシューズにはオススメできません。

 

サイズについて

これはスニーカー同様、デカ履きはNG
ジャストサイズのものを選びましょう。

また、足型の細いあなたなら、細身のシューズの方がよりスッキリして良いかもしれません。

 

低身長で履かない方が良い靴

前項のおさらいのような感じになりますが、
低身長のあなたが履かないほうが良い靴をまとめてみます。

派手な靴

色合い、そして素材面でも、あまり派手なものやインパクトのあるものは避けましょう。

相手の目線が下にきてしまい、身長の低さが強調されてしまいます。

素材に関しては、例えばクロコレザーの靴などはただでさえ靴に目線がきやすいですが
身長の低いメンズが履いた場合、品のない感じになりやすいです。

身長とのバランスを考えると、革靴を選ぶ際には
「落ち着いた」「品のある」といったところもポイントになります。

 

あまりにボリューミーな靴

例えば、厚底ラバーソールのような靴や、ヒールの高いロガーブーツなども、身長が低いとバランス的にも悪くなります。

靴の存在感が、やたらに悪目立ちしてしまうんですね。

ボリューミーな革靴というと、やはりブーツ系が多くなるかとは思いますが、バランス的にレッドウイングのアイリッシュセッターあたりが限界です。

 

 

ヒールの高い靴

これもやはり、靴の存在感が出すぎてしまうためNGです。

 

では、どのくらいが高いヒールなのか?

靴自体の作りやデザインにもよりますが、高くてもせいぜい4cmくらいまでと考えた方がよいでしょう。

ロガーブーツなどはヒールが5cmもあったりしますが、そこまで行くとさすがにキビしいです。

靴のヒール部分が目立ってしまい、逆に低身長を強調してしまいます。

 

 

 

どうしても身長を盛りたい場合

どうしても、リアルに身長を盛りたい、ヒールにそこそこの高さのある靴が履きたい
といった場合には、履き口の浅い靴の方が安心です。

履き口が浅い靴の場合、靴の占める面積の関係から、多少ヒールが高くてもそこまで悪目立ちしません。
なので、そこまで問題にならないものが多いです。

履き口が浅く、デザイン的にも主張しすぎない、コインローファーなどは良いと思いますね。

 

パラブーツ DAX
by カエレバ

 

 

逆に履き口が深くてヒールも高いと、ボリュームが出すぎて逆効果ですね。
とにかく違和感が出てしまいます。

これは、先述のロガーブーツなどが当てはまりますね。

 

スポンサードリンク

低身長でもカッコよく見せられる革靴とは

では、身長が低いあなたにオススメできる革靴を見ていきましょう。

 

ローファー

ローファーの中でも、シンプルなコインローファーがイチオシですね。

履き口も浅く、肌部分の露出が多くボリュームの抑えられたローファーは
低身長メンズにも最適な革靴のひとつ。

コインローファーのようなシンプルでデザインが多いので
多少ヒールの高いものでも問題なく履けたりします。

 

ここで低身長でもカッコよく履けるローファーを、少し見てみましょう。

 

パラブーツ ADONIS


画像クリックで商品詳細がご覧になれます

 

今、最も人気の革靴ブランド「パラブーツ」のコインローファー「アドニス」

シンプルでベーシックなデザインですが、実はソールに特徴があります。
一見レザー風なのですが、実はラバーで作られているため、雨天時にも履くことができるんですね。

また、ヒールの前側だけが薄くなっており、返りがつきやすく履きやすいのもポイント。

更にはそのヒールも若干高めなので、少しだけですが、違和感なくリアルに身長も盛れます。

 

 

楽天市場「パラブーツ アドニス」検索はこちら

Amazon「パラブーツ アドニス」検索はこちら

 

Crockett&Jones

画像クリックで商品詳細がご覧になれます

 

イギリスの老舗ブランド「クロケット&ジョーンズ」

価格的に比較的手も届きやすく、高級靴の入門用にも最適。

ネイビーのスエード素材コインローファーなどは、これからの季節にもぴったり。

 

楽天市場「クロケット&ジョーンズ メンズローファー」検索はこちら

Amazon「クロケット&ジョーンズ メンズローファー」検索はこちら

 

一般的な紐靴

低身長メンズの基本的な靴選びとして、細身デザインのものが履けるのなら、その方がより良いですが
革靴で細身のものですと、そもそも全長が長くなってしまい、結果靴が悪目立ちする事になりかねません。

であれば、多少ボテッとしていても、あなたの実寸の足長に近い全長の靴を選んだ方が良いです。

 

履き口も深く、デザインも丸っこいですがこの靴などは身長関係なく履けますね。

 

パラブーツ シャンボード


画像クリックで商品情報がご覧になれます

 

ご存知、パラブーツのシャンボード。

全天候型で、雨靴にも使える万能さ。

 

実はヒール部分も結構高めなので、違和感なく身長も盛れたりします。

他の高級革靴と比較すると馴染みが早いですし
馴染んでからの履き心地は、間違いなくお値段以上。

ただ、履き口がくるぶしに当たる、といった場合もあるので、その場合はBIRKENSTOCKのブルーフッドベッドなどでくるぶしの位置をあげてやる必要があります。

 

シャンボードのサイズ選びに関しては、こちらの記事が参考になります。

 

楽天市場「パラブーツ シャンボード」検索はこちら

Amazon「パラブーツ シャンボード」検索はこちら

 

まとめ

メンズで身長が低い場合、とにかく相手の目線を上に持ってくるコーデが基本。

なので、靴に関しては、とにかく悪目立ちしない、ベーシックな色やデザインがポイントとなります。

更に、身長が低いとどうしても子供っぽく見られがちな部分もありますので、その意味でもベーシックかつ品質の良い靴を選ぶと良いですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! ジーパン・シューズを中心として、それらに合ったコーデ、 そしてお手入れ情報など発信しております。 本音かつ主観で、「今」の最高の情報をあなたに提供します。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください