ジーパンやシューズを中心に、ファッションと関連情報を本音かつ主観で綴っていきます!

40代男性の春ファッション|すぐ取入れたい3つのポイント

2019/03/28
 

併せて読みたい|関連記事はこちら

 

見た目格差の拡がる40代

 

「オシャレしたいけど体型が崩れちゃってるしなあ」
「今更どんなものを着たら良いかわからない」
「何かとお金もかかるし、服にそこまでお金かけたくないなあ」

あなたも、そんな理由でオシャレを諦めているかもしれません。

 

しかし、せっかく暖かくなり、お出かけも楽しい季節。

もし、簡単に、そして費用も抑えてオシャレができたら最高ですよね。

 

そのためのポイントを、今回はご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

☆この記事はこんなあなたにオススメです☆

★もっとカッコよくなりたい40代男性
 
★せめてNGポイントだけは避けるようにしたい
 
★春物の服が欲しいけど、何を購入すべきか悩んでいる

 

 

 

40代はオシャレが最も似合う年代

見た目より中身、本当にそれだけで良いですか?

40代男性によくあるのが、見た目よりも中身だよ、という方。

もちろんそのとおり。
中身は当然に重要です。

40代で、中身が空っぽというのも、少々寂しいものがあります。

 

しかしやはり、人は見た目が9割かどうかというのは置いておいても、
相当重要な要素で有ることは事実です。

如何に人間性が素晴らしくても、あまりにひどい見た目だと、
肝心の中身云々以前の問題になってしまいます。

 

ポーランド出身のゲシュタルト心理学者ソロモン・アッシュによって提唱された
「初頭効果」
というものがあります。

ひと言で言うと、最初の印象が後々まで強く影響する、といったものです。

 

なので、やはり見た目というのは非常に重要で有ることがわかりますね。

 

かといって、体型などはそうそうすぐには変わりませんから
まずは服装だけでも、ちょっとオシャレにしてみましょう!

 

 

ファッション選びが難しい?本当?

しかし、現実問題

・オシャレをしたいと思っても、いったいどのように服を選んだら良いのかわからない。

・他にも色々お金もかかるし、ファッションにそこまでお金はかけられない。

・そもそも体型も変わってしまったし、それをどうカバーしたら良いものなのか。

 

そんな理由でファッションについて難しく考えているかもしれません。

 

しかし、よく言われることではありますが
最低限のポイントだけ押さえれば、それだけで垢抜けて見えるものです!

 

その最低限のポイントとは、、、

 

 

オシャレの本質は内面から

 

 

40代は、実は一番オシャレの似合う年齢層なんですね。

同じものを身に着けていても、内面からにじみ出る余裕や経験によって実にカッコよく、
良い雰囲気が出せるのです。

 

また、そういった内面の余裕などから、
20代の頃には似合わなかったアイテムも有効に使えるようになっていたりしますね。

 

40代こそ、最もオシャレを楽しめて
実は女性にもモテる年代だったりします。

 

今までの人生で磨いてきた包容力というか落ち着き
また、確固たる自分自身を外面でも表現していかない手はないです。

 

 

ファッション選びのポイント

ではここから、先の項で申し上げた「最低限のポイント」について見ていきましょう。

シルエットとサイズ感

全体のシルエット

まずはジャストサイズのものが基本

全身を通して細身シルエットにすると、清潔感のあるシルエットとなりやすく
年齢とのバランス的にも良いでしょう。

もし、全身細身でいくには体型的にちょっと・・・
という場合には、アウターに若干ボリュームを持たせてみても良いかと思います。

 

ただ、いずれの場合もパンツは細身のものが良いと思います。

 

全体を通して細身シルエット、もしくはアウターにボリューム
といったところがアラフォーコーデにおける、基本的なシルエットになります。

 

 

 

トップスについて

ジャストサイズが基本、という前提はありますが
あまり極端にピタピタすぎるのも考えもの。

程よく体型にフィットするくらいで良いでしょう。

 

ただ、ほとんどの人は本来のご自身のサイズよりも大きいものを着ていたりします

 

特にこの、トップスのサイズって重要で、
サイズが合っていないとそれだけでくたびれ感が出てしまいます。

なので思い切って、今までよりワンサイズ下げて購入してみるのも良いかも。

 

ポイントは、身体のラインに軽く寄り添う感じ、

あまり余裕がありすぎない「ちょっと小さいかな」くらいの感じのものが正解です。

 

スポンサードリンク

パンツについて

素材が何であれ、細身シルエットが基本

身体が少々大きくなっていても、ダボダボのものはNGです。

10〜20代であれば全然OKですが、40代のファッションとしては
やはりキレイめ寄りの路線が合うので、基本的にダボダボは避けたほうが無難。

ご自身の無理のない範囲で、細身のものを選択しましょう。

 

サイズを選ぶ際には、ウエスト周りもノーベルトで履けるくらいのサイズが良いですね。

 

 

そしてシルエット的な部分についてですが、
40代でスキニーまでいくと、それはそれで体型に関係なく少々やりすぎの気もしますが
細身のテーパードパンツであれば、かなりオススメできます。

 

細身でテーパードのきいているパンツは、
普通に履くだけでキレイめなコーデになりやすいです

 

また、季節的にも暖かくなってきますので、足首見せで抜け感を出すのも良いでしょう。

足の中でも最も細い足首を露出することで、足全体を細く見せる効果もあります。

 

 

テーパードパンツでくるぶし丈ですと
このような感じがお手本になりますね。


出典:wear.jp

全体的に細身に、そして同系色のシューズと相まって
視覚的脚長効果もありますよね。

季節的にも、かなりオススメできる着方ですね。

 

 

ロールアップで足首を出すなら、この記事が参考になります。

記事の後半にある、このやり方でロールアップすると
特にジーパン、もしくはカーゴパンツなどでも垢抜けた感じに仕上がります。

 

 

色使い

何故か、年齢を重ねるごとに地味な色合いのファッションに見を包む人が多いように感じます。

しかし、年齢が上がるにつれて、本来は明るい色が必要なのです。

地味な色合いは、むしろ10代20代でも全然似合います。

 

年齢が上がって地味な色合いを多用すると、本当に地味な感じにしかなりません

下手をすると、陰気な印象すら与えかねません。

 

なので、どこか一点でも構いません。

明るい色も取入れましょう

 

ただ、その場合も原色ではなく、パステルカラーなどが取り入れやすいでしょう。

春であれば、ベビーピンクや明るめのラベンダーなども素敵ですね。

 

 

全身を通して使用する色は3色まで、と言われますが

例えばモノトーンを基本線でいくにしても、どこかに明るい差し色を使ってみましょう。

 

それだけで、若作りではない若々しさと、垢抜けた雰囲気を醸し出せる事でしょう。

 

ここまででご紹介した
・シルエット
・サイズ感
・色使い
これらはしっかり押さえておくようにしましょう!

 

これは避けたい|NGポイント

■まず、よくあるのがサイズ感の間違いですね。

年齢問わず、ファッションの基本はサイズ感です。
これはもう絶対です。

 

楽だからと大きめサイズを選ぶ方が多いですが、それはNG

 

本来のあなたの、正しいサイズで選びましょう。

 

年齢を考えないアイテム選び

やはり40代には40代に合ったアイテム、服装があります。

あなたの良さを引き出すためにも、20代の頃と同じ感覚で選ぶのは避けましょう。

 

でも、40代の良さを引き出すアイテムとは?

 

基本的に「迷ったらキレイめ」でOKです。

 

■これみよがしな、全身ブランドずくめ

確かに、20代くらいの頃と比較すれば、金銭面でも余裕がある場合が多いとは思います。

しかし、全身わかりやすくブランドずくめ、
というのも逆に必死感がにじみでてしまいます。

少なくとも女性ウケはよくないです。

シンプルな中に、ちょっとしたこだわりのあるコーデが、特に女性にはウケがよいようです。

 

もし、高価なブランドものを取入れるのであれば、
あまり露骨にならないように、時計や靴など、一部分にしておいた方が良いです。

 

こちらは主に、30代男性向けの記事ですが
大人の男性全般に、嫌味なく合うと思います。

 

 

まとめ

 

40代こそ、オシャレには最適な年代。

しかし、40代には40代に合った、より輝けるコーデがあります。

 

まずサイズ感

これはジャストサイズが基本ですが、ほぼほぼの人が無意識に大きめサイズを選択しがちなので
思い切って今までよりワンサイズ下げてみましょう。

 

そしてシルエット

年齢的にも、やはりキレイめ路線でいきたいので
全体的に細身のシルエットを意識しましょう。

もし、体型的な問題などでボリュームが欲しい場合など
アウター、トップスに若干のボリュームをもたせるのが体型カバー術としては正解です。

その場合も、サイズアップではなく、
元々ボリュームのあるデザインのものをジャストサイズで選択するのが正解
です。

 

色使いについて

モノトーンなどは、取り入れやすいですしキレイめコーデにもハマるのですが
それだけだと、何か足りない感じになりやすいです。

どこか一点で構いません。

明るい色を取入れてみましょう。

年齢がいくほど、実は明るい色が必要です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、特に春ファッションにおける、コーデの基本的な部分について説明させていただきました。

 

まず、あなたがよりカッコよくなって
周囲も巻き込んで、見た目も中身もカッコいい40代を増やしていきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! ジーパン・シューズを中心として、それらに合ったコーデ、 そしてお手入れ情報など発信しております。 本音かつ主観で、「今」の最高の情報をあなたに提供します。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください