ジーパンやシューズを中心に、ファッションと関連情報を本音かつ主観で綴っていきます!

通勤通学にオススメのブランドリュック 3+1

2018/11/13
 
スポンサードリンク

以前、リュック につけるポーチをご紹介したように、僕も今はリュック のヘビーユーザーです。

そんな僕が、使用してみて良かったリュック  をご紹介したいと思います。

バートン  KIRO PACK

 

まずはこちら

 

画像クリックで商品ページがご覧になれます

中身も大容量の27L
帰りに2Lの水を3本買って、普通に入れていったりもできました。

 

そしてこのリュックの良いところは、なんといっても、内外両方にたくさんあるポケット。
立体成型なので使い勝手も良いんです。

 

両サイドのポケットは、ファスナー付きなのでペットボトル用途以外にも活用できますよ。
1〜2泊の旅行にも活躍してくれます。

バートン TINDER PACK

 

画像クリックで商品ページがご覧になれます

こちらも、なかなかの大容量。
メインコンパートメントはKIRO PACKより大きく感じます。

 

ただ、ポケットは、トップフラップの大きめのがひとつと、メインコンパートメントのPC収納スペースのみ。

 

ちなみにPC収納スペースには、サイドからもアクセスできるのが便利。
このモデルの売りは、やっぱりこの見た目だと個人的には思います。

 

とにかくオシャレ。
また、バートンだけに、結構ラフに扱っても、そう簡単には根を上げないのも良いですね。

ドイター フューチュラ28

 

そして、最近僕が旅行用に使ってるこれ。

画像クリックで商品ページがご覧になれます

これの売りは、何と言っても、背面のエアコンフォートシステム!
リュックの背面部が湾曲していて 背中に直接当たる部分がメッシュになっている。
それにより、リュック と背中の間に隙間ができ、空気が通るので、夏は涼しい

 

他のリュック だと、夏場は背中が汗でとんでもないことになるのだが、これだと本当に全然違う!
一般的なリュック とは、比較にならないほど。

 

ただ、背面が湾曲している構造上、荷物の詰め方にコツがいります
コツをつかめばそれなりに入りますが、先に紹介した2つのほうが、荷物入りそうな気もします。

 

しかし、中を仕切りで上下2室構造にできたり、底部分にレインカバーが装備されていたり、腰ベルトもついていたり、かなり本格的です。
作りが良いのか、荷物満載にしてもあまり重さを感じないのも良い。
ポケットも、必要充分な数ついてます。

 

それに何と言ってもドイター製品なので、耐久性はハンパではなさそうです。

 

多分、これは当分使い続けると思います。

 

個人的にはNo. 1

ドイター メートヘン20

 

そしてオマケ

画像クリックで商品ページがご覧になれます

 

サイズ的には、アウトドアあたりのリュック とほぼ同じ。

 

ポケットは、外側うしろに大きめのが2つと両端にペットボトル用ポケット。
中にもメッシュの小物ポケットとノートなどが入るスペースがある。

 

これも、背中側に涼しくなる工夫がされています。

 

フューチュラのようなメッシュ構造ではないが、背中両端にパッドのようなものが付いていて、背骨周辺が空洞になっている感じ。

 

フューチュラほどの涼しさはないが、通常のリュック よりはマシ。
あと、意外にフィット感があり、軽く感じる。

 

街中専用として、これもかなりオススメ。

 

街中からちょっとした旅行まで、万能に使えますよ!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク
この記事はいかがでしたか?
  • 良かった (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙… (0)

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! ジーパン・シューズを中心として、それらに合ったコーデ、 そしてお手入れ情報など発信しております。 本音かつ主観で、「今」の最高の情報をあなたに提供します。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク