ジーパンやシューズを中心に、ファッションと関連情報を本音かつ主観で綴っていきます!

【カーディガンを着て街へ出よう!】メンズにも、春秋はやっぱりコレ

2018/09/03
 
スポンサードリンク

いよいよ春も本番!

ここのところ、暖かい日も多くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

この時期は三寒四温といって、暖かい日や寒い日があって服装選びもなかなか大変です。

寒の戻りがあっても、さすがにダウンは行き過ぎの気もするし…

ということで、この時期に特に重宝するのがカーディガン!

今回は、気温変化の目まぐるしいこの時期にカッコよく過ごすための便利アイテム、カーディガンについて見て行きましょう!

 

なぜ、この季節にはカーディガンなのか?


この時期、日によって結構気温に変動があると同時に、日中と朝夕の気温の差もかなりあったりしますよね。
昼は汗ばむのに夜は結構寒かったり。

 

そんな中での休日のファッション、どんな感じにしてらっしゃいますか?

やはり、基本的にはいくらか冷え込んだ夜の気温でも対応できるものを羽織って、となるのではないでしょうか?
そしてもし日中汗ばむようなら、上着を脱いで街中を歩くことも多いかと思います。

 

カーディガンの利点として、まず、脱いでもそれ程かさばらない、ということがあげられますね。
軽いですし、そんなに厚手のものでなければサイズ的にも邪魔になりません。

ということは…
これってもしかして、この時期には最適な羽織ものなのでは?
と思うわけです。

着ても脱いでも快適

軽いって良いですよね。
思わず気分まで軽くなりそうです。

 

徐々に暖かくなるこの時期のウキウキ感が、さらに増す感じさえしてきます♪

さらには、そんな気分にぴったりくるような、明るいカラーのものも結構あったりするんですよ!

 

JohnSmedleyのカーディガン


写真クリックで商品ページに飛べます。

 

・晴れた休日、暖かくなってきたこの時期の、テンションをよりあげてくれるようなカラー。
・見た目のさわやかさ。
・そして前述の実用性。
・脱いで手持ちにしても負担の少ない軽さ。

これらを兼ねそえたアイテムである、ということがおわかりだと思います。

 

ということで、やはりファッショニスタにも愛用者は多いようですね。

 

サイズ選びのポイント

まず、身長的にあまり高くない場合は、極力小さいサイズを選択しましょう。
小さすぎるサイズをピタピタで着るくらいでちょうど良いです。

 

サイズに余裕があってダボついたカーディガンですと、小柄さが強調されてしまいます。
また、特に170cm未満の場合は、やはり丈も短めの方がスタイルも良く見えます。

よってSサイズ、もしくはレディースのLサイズでも良いと思います。

 

カーディガンの場合、きつくても伸縮性もありますし、そこまで問題にはならないので、僕も小さすぎるくらいのサイズを選んでいます。

 

明らかに大きすぎるサイズのアウターを着た人を見ても、カッコいいと思うことはあまりありませんよね?

やはりスタイルよく見せるためには、サイズ選びがとても重要なんですね。

 

トップスやアウターに関しては、伸縮性のある素材であれば迷わず小さめのサイズ、と覚えておきましょう!

 

ジャストサイズのカーディガンを着る事で、あなたはこうなる

ファッションの基本は、季節感とサイズ感
他にも色々あるかもしれませんが、個人的には上記の2点が特に重要と考えています。

 

この時期に、ジャストサイズのカーディガン。

 

それこそ2点のポイントをしっかりおさえていると思いませんか?

その時点で、周囲からのあなたへの評価は上がることはあっても下がることはありません

つまり、「今よりも更にイケてる男」に一歩近づける訳です。

 

それに、季節にも自分自身にも合った服…
この時期で言うところの「ジャストサイズのカーディガン」を羽織ることで、身も心も快適に過ごせます

つまりメンタル面でも良い影響がある訳ですね。

 

見た目にイケてて、しかもメンタル的にも自身をもって快適に過ごせる。
確実に良いループ・流れに入っていけますよね!

 

 

まとめると…

・季節感もサイズ感も完璧→周囲からの評価も好感触
・上記ゆえ快適に過ごせる→メンタル面でも良い影響(大人の余裕的なものも出てくる)
・メンタル面での余裕により、周囲からの評価もさらに高まる

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク
この記事はいかがでしたか?
  • 良かった (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙… (0)

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! ジーパン・シューズを中心として、それらに合ったコーデ、 そしてお手入れ情報など発信しております。 本音かつ主観で、「今」の最高の情報をあなたに提供します。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク