ジーパンやシューズを中心に、ファッションと関連情報を本音かつ主観で綴っていきます!

【パラブーツ シャンボード】履きやすくオシャレなオススメ革靴

2018/11/15
 
スポンサードリンク

何年か前から、パラブーツ の靴が結構人気だったりします。

その中でも超メジャーなのが、シャンボード。

 

丸っこい独特のフォルムが印象的なモデルですね。

 

 

このシャンボード、なぜそんなに人気になったのか検証してみましょう。

 

どのシーンにも対応できるデザイン

シャンボードを初めて見たとき、どう思いましたか?

 

僕は、なんか色んなファッションに合わせられそうだな、と。

 

同時に若干レッドウイング的な感じもあってかっこいいな、
とも思いました。

長い間、スニーカーとレッドウイングばかり履いてきた僕には
たまらないデザインでしたね。

 

ところでこのシャンボード、キレイめカジュアルにはもちろん
スーツに合わせてもカッコいいんですよね。

 

革靴に詳しい方の中には、スーツにシャンボードは邪道、
との意見もありますが、そんなにお固い職業でなければ問題ないのでは、と思います。

また、むしろその抜け感が逆に長所でもあります。

要はこのシャンボードって靴は、汎用性がめちゃめちゃ高いんですね!

 

本当に、1足で色んなシーンに対応できてしまいます。

 

 

そして磨き上げると、かなり良い感じに輝きが出せます。

そうすると、更に高級感も出ていい感じになります^^



先端だけでなく、思わず全体光らせてしまった図(笑)

 

街のちょっと高級なお店に、
キレイめカジュアルのファッションで繰り出すときなどには最適な靴ですよね!

 

ちなみにシャンボードには白ソールモデルもあって
そちらは靴紐も白にすることにより、よりカジュアル寄りで爽やかな感じになります。

ちなみに白ソールシャンボードには、通常靴紐と白紐の2種類ついていました。

 

こちらは、のんびり優雅なお散歩などにも良いですね!

 

馴染んでからの履き心地が素晴らしい

スポンサードリンク

シャンボード購入前までは、
ちゃんとジャストサイズの革靴を履いた経験などなかったので
最初は足にものすごい圧迫感を感じましたね。


正直、最初は1日通しては履けませんでした。

 

しかし、足に馴染んだあとの履き心地は、とにかく素晴らしい!

革が馴染み、そして中底が足型に合わせて沈んでくると
自分だけの1足が完成します。

そうなると、中底が足裏に吸い付くような感じになってくるんですよ!

 

これがまた、たまらなく快適!

この心地よさは、路線こそ違えどスニーカーにも全然負けてないですね。

というか、むしろこちらを選択したくなる事もあるほどの快適さ

ちなみに馴染むまでの期間は
履き方や頻度によって違ってくるとは思いますが
2〜3ヶ月見ておけば、と個人的には思います。

 

最初は近所の散歩から、
そして徐々に履く時間を伸ばしていくのが良いですね。

雨にもめっぽう強い

雨の日って、いつもどんな靴履いてますか?

シャンボードは、とにかく雨にはめっぽう強いです。

雨どころか、大雪の翌日のぐちょぐちょの路面でも、
中まで染みてきた経験はないですね。

お手入れさえしていれば、履き口からの浸水以外はないのでは、とさえ思います。

 

 

ある日の雨の日のデート。

彼女「何でレインブーツじゃないの?」
僕「いやいや。これ、雨全然染みてこないからレインブーツ必要ないわ」
などと言うやりとりもありましたね(笑)

見た目は普通の革靴なのに、よりによって雨の日に履いてきた事に驚いていました。

 

 

ただ雨の日は、染みてくることはなくても、
スーパーなどのツルッツルの床はそれなりに滑ったりします。

足元が濡れてこないのでうっかりしたりしますが、
そのへんは充分に注意した方が良いです。

 

ちなみにお手入れの頻度ですが、
基本的には「毎月第3金曜日」みたいな感じで月に1度、
リムーバーでキレイキレイしてお手入れフルコースです。

が、雨に打たれたときや、汚れが気になるときには
前にメンテした時期関係なくお手入れします。

 

また、ブラッシングは履く度に毎回必ずおこないます。

 

ちなみに個人的には、つま先とかかとは光らせたいので、
いつもちょっとした小ワザを使っています。

 

それにつきましては、こちらの記事で詳細がご覧になれます。
【鏡面仕上げ程ではないけれど】革靴を手軽に光らせる

 

まとめ

 

•色んなシーンに合うオシャレ革靴。
•しかも雨靴いらず。
•履き心地も素晴らしい。

 

この靴と、どんな場所に行ってみたいですか?

 

学生の頃の友人達との久々の飲みの席なども良さそうですし
磨き上げたシャンボードなら、好印象間違いなし!
全天候型で履き心地も良い、という事は旅行にも最適ですね!

自分で育てて自分の足に馴染んだシャンボードを、キレイに磨いての旅行。

楽しくない訳がありませんね!
ハインリッヒディンケルアッカーやジョンロブなどの超高級靴と違い、
多少ラフに扱えちゃうのも魅力。

色々気にすることなく、思うままに履きまくりたいですね!

 

 

 

 

どこで購入するのか?

やはり革靴なので、それなりに重く
大きさ的にも結構かさばります。

電車で購入に行くと、
寄り道などはさすがに厳しい感じになります。

また、取扱ショップも都市部がほとんどのため、車でいくにもしんどい。

ですがネット購入ですと、そういった手間から解放され
しかも自分の欲しいカラー、サイズを徹底的に選べるのが魅力。

直営店にない色も、セレクトショップのネット通販など探すとあったりします。

 

なので、サイズがわかっているという前提はありますが、通販もひとつの手ですね。

 

若かりし日の友人のように些細なことでも一緒に楽しめるシャンボード。

かわいがってあげてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

この記事はいかがでしたか?
  • 良かった (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙… (0)

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! ジーパン・シューズを中心として、それらに合ったコーデ、 そしてお手入れ情報など発信しております。 本音かつ主観で、「今」の最高の情報をあなたに提供します。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク