花粉症に負けずにおしゃれしたい!対策と服装を考えてみました

街中ファッション
スポンサードリンク

 

東京も、いよいよ花粉シーズンに突入しましたね。

せっかくとても気持ちの良い陽気なのですが
この花粉のせいで憂鬱になることも・・・

 

そこで、こんな時期でもおしゃれに
そして少しでも快適に過ごすための方法を見ていきます。

 

 

この記事がおすすめなのは

花粉の時期でも、やっぱりなるべくおしゃれがしたいあなた
 
とにかく少しでも快適に過ごす方法が知りたいあなた
 
花粉症ではないけれども、予防をしておきたいあなた

 

初春〜春の時期

 

日を追うごとに暖かくなり
暑からず寒からず、とても過ごしやすい陽気が続きます。

 

しかし・・・

 

この時期は、我々花粉症の人間にとっては
非常に憂鬱な季節でもあります。

 

 

花粉さえなければ・・・

何度思ったことでしょう。

 

 

「どうせマスクするし、ヘアスタイルもテキトーでいいや」

「花粉アレルギーで眼も赤いし、こんなんでおしゃれする気にもならん」

「アウトドア系の遊びがしたい。でも花粉が、、、」

 

 

いやいや

せっかく過ごしやすい陽気のこの時期

 

もったいないです。

 

おしゃれにもしっかり気を使って
例年よりもちょっとテンション上げて楽しく過ごすコツを
ご紹介していきます。

 

 

スギ花粉の飛散時期と対策

今現在、花粉症でなくても対策は必要

今現在、花粉症の症状が出ていなくても
長期間にわたって無防備でいると、あるとき突然花粉症持ちになってしまう危険性があります。

それについては、日本臨床内科医会でも報告されています。

 

実際に僕も、あるときを境に、突然花粉症になりました。

 

 

なので、このやっかいなアレルギー症状が発症しないよう、今現在大丈夫なあなたも
油断せずに予防はしっかりしたほうが間違いなく良いです。

 

 

スギ花粉の飛散時期について

では、まずスギ花粉の飛散時期についてみてみましょう。

 

関東におきましては、2月上旬〜4月いっぱいがピークですね。
5月も上旬くらいまでは、対策が必要になるでしょう。

 

そして時間帯的には昼前後(12時台)そして日没後といったあたりが特に飛散量が多いようです。

 

 

ちなみに花粉の多い日がどんな日なのか、についても確認しておきましょう。

1 晴れて、気温が高い日

2 空気が乾燥して、風が強い日

3 雨上がりの翌日や気温の高い日が2~3日続いたあと

 

これらの条件に当てはまる日に関しては、通常よりも更に充分といえる対策が必要になります。

 

 

参考文献:環境省 花粉症環境保険マニュアル

 

 

毎日気にしたい、すぐにできる花粉対策

マスク

マスクを正しく装着し、活用することで
吸い込む花粉を3分の1〜6分の1に減らす効果があります。

 

 

ではここで、マスク選びのポイントについて。

・とにかく顔にフィットするもの

隙間があるとそこから花粉が入ってしまいます。

なのでとにかくしっかりとフィットすることを最優先にしましょう。

 

また、マスクの内側にガーゼと当てる→(インナーマスク)
で効果も更に高まりますので、症状の重いあなたにはおすすめの対処法になります。

 

 

インナーマスクの作成方法

1 縦横10cm程度に切ったガーゼを、2枚用意します
2 化粧用のコットンを丸めて、1枚のガーゼでくるむ(インナーマスク)
3 市販の不織布のマスクにもう1枚のガーゼを4つ折りにしてあてる
4 鼻の下にガーゼでくるんだコットン(インナーマスク)を置く
5 3のガーゼをあてたマスクを装着する
6 息が苦しい場合にはコットンの厚さを半分にする

環境省 花粉症環境保険マニュアル より抜粋

 

 

メガネ

花粉の時期、眼球を取り外して洗浄したいくらいに、激しいかゆみに襲われますよね。

目薬の使用は当然ですが、それ以外にもできる対策は徹底的にやりたいもの。

 

そこで活用したいのがメガネですね。

 

メガネといっても、花粉症用のゴーグルの様なものでなくても問題ないです。

 

実は、通常のメガネであっても、眼に入る花粉は40%減少すると言われているんですね。

なので特に視力に問題がなくても、この時期にはメガネをうまく活用すると良いです。

 

また、普段コンタクトを使用しているあなたも、
この時期のコンタクト利用は症状を悪化させる危険性があるため、
花粉の時期に関してはメガネをおすすめします。

 

 

衣類の素材

ウールなどの素材は、どうしても花粉が付着しやすいです。

春になってくると、薄手のニットなども非常に使い勝手が良いのですが
もこもこ系の素材は花粉が付着しやすい、という弱点があります。

なので花粉対策という点においては、
ナイロンなどのつるつる素材のアウターがおすすめになります。

 

こういった素材のアウターは、主にアウトドアカジュアル系のウェアに多いですね。

 

「お好きなブランド名(ノースフェイスなど) ナイロン アウター」で検索をかけると結構でてきます。

 

 

ナイロン系素材、もしくは薄手のフェイクレザーなども良いかも知れません。

 

花粉対策でのおしゃれ、という点ではツルツル系素材のアウターを選択するのが安心ですね。

 

帰宅時には衣類をはたいて

帰宅したら、家に入る前にまずしっかりと衣類(特にアウター)に付着した花粉をはたいて落としましょう。

 

もし、ニット素材のものを着用した際などは、いわゆるコロコロなどで花粉を取るのが有効ですね。

 

とにかく少しでも室内に持ち込まない工夫が必要です。

 

ここで花粉時期のアウター着こなしに関するワンポイント。

せっかく花粉に強いアウターを着ても、その中に花粉が入ってしまってはどうにもなりませんよね。

 

なのでこの時期は、できるだけフロントジップを留めたりして、中に花粉が入ってこない着こなしが必要です。

 

アウターは玄関に

そしてそのアウターですが、できれば玄関付近に吊るしておくと良いですね。

間違っても、寝室に置いたりはしたくないところです。

 

なので玄関用に、あまり大きくない、
そしておりたたみ可能なハンガーラックなどをひとつ用意しておくと良いです。

 

その際も、できたら素材やデザインなど考慮して選択すると楽しいですね!

 

 

うがい手洗い入浴

そして帰宅したら、まずは手洗いうがい&洗顔ですね。

体に付着している花粉は、すぐに落としましょう。

 

この時期は、とにかく居住スペースに花粉を舞わせないことも大事です。

 

また、髪の毛を洗う際には、男性の場合もリンスやトリートメントをするのが良いですね。

髪の毛をツルツルにし、少しでも花粉の吸着を防ぐ為です。

 

加湿で室内の花粉を床に落とす

そこまでやっても、やはりこの時期は、少なからず花粉が室内にも入り込みます。

起床時などには、やはり窓も開けますしね。

 

なので、花粉症の症状のかなり重症なあなたの場合には
加湿器の使用も効果的ですね。

 

加湿することで、室内に舞っている花粉を床に落とす効果があります。

加湿でおちた花粉を、床の水拭きで取りきれば、
できる範囲ではほぼほぼ完璧なのではないでしょうか。

 

また、風水的にも床の水拭きというのは非常に大事と言われていますので、
同時に運気のアップまでできてしまいますね。

 

洗濯物について

まず、洗濯した衣類に花粉が付着しにくくするために、
静電気防止成分入の洗剤や柔軟剤を使用するのも効果的。

 

洗濯物にかんしては、やはり晴れているときには天日干しが良いと思うんですよ。

南中する太陽には殺菌効果や、
さらにはその陽の気で染み付いた厄のようなものも浄化する作用があるとも言われています。

 

取り込む際にしっかりはたいておけば、それほど問題はないように感じます。

 

 

ただ、それでもやっぱりこの時期に外に干すのはちょっと・・・

という場合には、コインランドリーの業務用ガス乾燥機がおすすめ。

素材や量にもよりますが、だいたいの場合高温設定で20〜30分で乾ききります。

 

ちなみに、ジーパンの場合は乾燥機の出力にもよりますが、40〜60分で完全に乾燥します。

 

ただし、衣類の収縮にだけは気をつけてくださいね。

 

花粉に負けずオシャレしたい!ファッションで花粉対策

スポンサードリンク

アウターの素材に注意

先の項でも申し上げましたが、花粉対策という点で、アウターの素材は非常に重要です。

つるつるの素材にこだわるのが良いでしょうね。

軽くはたくだけで、結構な花粉を落とすことができます。

 

そしてもうひとつ注意したいのが
服の中への花粉の侵入です。

 

せっかく花粉の付着しづらい素材のアウターを着ても
その中に花粉が侵入してしまっては元も子もありません。

なので、できるだけフロントのジッパーやボタンなどは閉じておいた方が良いです。

 

その前提があったうえで、ハイネックになっているアウターだと尚良いですね。

 

しかし、気温も高めの日が増えてきますので
あまり厚手のアウターですと、上記のような着方をした際に暑くてかなわん
といった状況も考えられます。

 

すると必然的に、やや薄手の素材のアウターを選択し
状況に応じて中に着込む、というのがこの時期の正しい着方になります。

 

 

 

髪の毛への付着にも気をつけたい

この忌まわしき花粉ですが、当然ながら髪の毛にも付着します。

なので、これを防ぐために帽子も有効なアイテムです。

 

ただ、花粉対策での帽子ですので、この場合に関してはニット帽は避けましょうね

なるべくすべすべにちかい素材のものを!

 

そしてリンスやトリートメントを活用し、
髪の毛自体もすべすべさらさらにしておけば、尚良いですね。

 

 

 

花粉に負けないために、上手く使いたい便利グッズ

花粉に強いアウター

・花粉対策の施されたコート

レディースものでは、三陽商会から花粉プロテクトコート
なるものが出ていますが、メンズものでも
花粉対策の施されたスプリングコートが発売されています。

 

 


画像クリックで商品ページがご覧になれます

 

花粉によるアレルギー症状を引き起こす物質を包み込んでしまうという
新しい発想のアウターです。

 

デザイン的にもベーシックなもので、幅広いシーンで活用できるものになっています。

 

 

・マウンテンパーカー

花粉対策ができて、汎用性の高いアウターといったら
マウンテンパーカーなどもその代表格でしょう。

 


画像クリックで商品ページがご覧になれます

 

撥水加工もされいるので、花粉も付着しにくいですし
突然の雨にも対応できますね。

 

街中での着用にぴったりのデザインであると同時に
フロントには止水ジップが使用されているという本格派。

 

 

マスク

花粉は粒子が大きいので、そこまで特殊なマスクは不要です。

とにかく、隙間ができない、顔にフィットすることを重視して選ぶのが良いです。

 

 

花粉対策として、おそらく最強と思われるのが、このピッタマスク

 

 

しっかり顔に密着するのはもちろんですが、、、

・柔らか素材で耳が痛くならない

・通気性が良く、寒い日などでもメガネが曇らない

・素材的に、洗って何度も使える

 

コスパ面を考えても、これはかなりのおすすめアイテムになります。

 

知る限りでは、おそらく最強の花粉マスクですね。

 

 

玄関で使えるハンガーラック

やはり、できることならアウターは部屋の奥まで持って行きたくないもの。

花粉の時期に着用したアウターは、できれば玄関付近に吊るしておきたいですね。

 

そこで、玄関に置いてもスペースをあまり取らない
そして使用しないときには折り畳めるハンガーラックがおすすめ。

 

 


画像クリックで商品ページがご覧になれます

 

味気ないスチール製ではなく、木製なところも温かみがあって嬉しい。

 

 

ihada

最近は、ドラッグストアなどでも見かけるIHADA

顔全体に軽くひと吹きで、顔への花粉の付着を防いでくれるというスグレモノ。

 

もちろん、これをしたから他の対策が一切不要になるようなことはありませんが
マスクなどとの併用で、かなり効果が期待できます

僕も、マスクなどと併用しています。

 

ちなみにこれは、まだ花粉症の発症していないあなたの予防策としても、特におすすめなグッズですね。

 

 

 

 

室内加湿器

もう、花粉大嫌い!

徹底的に花粉を排除したい!!

 

というあなたには、やはりこれでしょうね。

 

 

部屋の中に舞っている花粉を、加湿器で床に落とす→
それを水拭きで取る。

これで、できうる対策としては、ほぼほぼ完璧です。

 

こちらは、Amazonレビューでも☆4.4の高評価のついている室内加湿器。

 

たいたいこういったものは、価格につられて妙に安価なものを購入すると、結局使い物にならずに加湿器難民化するパターンが多いです。

 

それなりの良いものでもそこまでの値段はしませんし、 納得のいくものを購入すると良いですね。

 

 

 

まとめ

花粉症に悩まされているあなたも

そして花粉症ではないあなたも、この時期の花粉対策は重要です。

 

特に2〜5月初旬の、特に雨上がりの晴れた日や気温の高い状態が続いた日、風の強い日は要注意ですね。

 

なるべくツルツルな素材のアウターを着用し、帰宅時にはしっかり花粉を落とす。

アウター保管は玄関に。

 

また、基本的な対策としてメガネやマスクを活用し、少しでも花粉の襲撃から逃れるように。

 

 

更に、室内にいてもどうしてもツラいあなたには、加湿器を活用という術もありますね。

 

 

花粉さえなければ…

という季節ではありますが、しっかり対策しつつもオシャレなアウターやメガネを活用し、爽やかに楽しく過ごしましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました