kutoo運動とは何?通勤スタイルに大変動か?男性にも影響がある?

時事ネタ

スポンサードリンク

 

最近、#KuToo運動というものを良く耳にします。

女性に対し、職場でのヒールやパンプスの強制をやめてほしい
という運動です。

事実、ヒールを義務付けている職場も存在するようです。

 

厚労相は「社会通念に照らして、業務上必要かつ相当な範囲」であれば容認
との考えのようですが、この先、女性のヒールに限らず
職場のドレスコード自体が、徐々に変わっていくものと思われます。

 

もちろん男性のあなたも、職場における服装が
徐々に変化していくことになるでしょう。

 

今の常識は、数年後の非常識かもしれませんよ。

 

 

通勤時や勤務中のハイヒールは必要?

女性は勤務中にはハイヒールを着用するのが常識。
というよくわからないルール、ビジネスマナーが存在するようです。

ハイヒールの起源については諸説あるようですが
フォーマルな靴=ハイヒール

職場ではフォーマルな服装が当然→ヒール着用

という流れで、女性のハイヒール着用が定着していったのかな、と思われます。

 

しかし、マナーというか、一般常識とされているような事というのは
数年後には逆に非常識になっていたりもします。

 

そもそも、このハイヒール着用の強制によって、
逆に業務における生産性が下がっている可能性すらあります。

 

あくまで個人的見解ですが、現在存在している枠を極端に逸脱しない限りは
履きやすさ、快適さを重視した靴を着用した方が良いのでは、と考えます。

 

 

 

細かなところにまで、いちいちマナーがある理由

男性においても、真夏でも上下スーツ、ネクタイ着用というところもあるにはあります。

また、本当なのかいささか眉唾ものではありますが
お辞儀ハンコなど、、、笑

何でこのような、非効率の極みとも言えるような、意味不明なマナーが存在するのでしょうか。

あまり大きな声では言えませんが、これ、マナー講師によるマ○チ○ンプだと思うんですね。

彼らは、マナーが広まって定着してしまったら、その時点で食いっぱぐれてしまいます。

なので、自分で作って自分で広める。

単にそれだけの事だと思いますよ。

 

 

仕事におけるドレスコードの変革のきっかけになる?

ほぼほぼの業界においては、単に業務における生産性を低下させるだけで
メリットゼロと思われるハイヒール着用。

それに異を唱えた#KuToo運動。

 

今すぐにどうこう、という事はないかもしれません。

が、じきにハイヒール着用必須、などという職場もなくなっていくことでしょう。

それと同時に、ビジネスに相応しい服装、の定義も変わっていくでしょうね。

 

すでに国主導で、スニーカー通勤を推し進めていたりもしますね。

スーツ☓スニーカーでビジネスシーンを快適に

 

男性においても、今常識とされているビジネスファッションは
徐々に変わっていく事でしょう。

 

大人の事情などもありますから、それなりの時間はかかるでしょう。

 

が、この#KuToo運動。

男女問わずビジネスシーンにおける服装の変革に、勢いがつくものと思われます。

 

私達が今、常識と思っているものや事は、数年後の非常識ですから。

 

今の20代が中堅になる頃、どのように変化しているものか楽しみです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

時事ネタ
フォローお願いします^^
ジーンズ・シューズから始めるオヤジファッション研究所

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました