ジーパンやシューズを中心に、ファッションと関連情報を本音かつ主観で綴っていきます!

【リゾルト711の色落ち】1年半経過しました

2018/09/07
 

 

まだ作業着だった時代のジーパン。501XXを現代に合わせ蘇らせたリゾルト711。

これはかつてのリーバイス501のボーイズモデル、503Bをモチーフに作られており、シルエットも実に秀逸です。

 

そして肝心の色落ちは、同じリゾルトの710よりも、いくらか荒々しく男らしいにおいがします。

 

先日、久々にリゾルトの色落ち記事を書きましたが、前回の710に続いて今回は711を見てみましょう。

 

まずは全体像から

前側全体図

では、まずは正面からの姿を見ていきます。

 

濃淡の加減、足の付根部分のヒゲ、下がりヒゲ、ミミのあたり。

いずれも実にカッコいいですね☆

 

後付の、クロッチリベットもまた良い味出してます。

 

710と比べ薄手なので、2度ほどリペアにだしており、実際の履きこみ期間は1年半には全然足りないです。

それでもこの見事なエイジング!

 

正直、何時間見ていても飽きません。

 

後ろ側全体図

次に後ろ姿を見てみます。

 

右足のねじれがハンパないです。

洗濯をマメにしている為か、ハチノスはうっすら。

 

各パーツの拡大図

コインポケット

 

710と明確に違うのが、このコインポケット。

今にして思えば、ここにジッポでも入れて、いい感じに跡をつけても良かったかな、と。

 

 

フロントポケット周辺と、ヒゲの入り具合

 

 

右側フロントポケットには、履き始めの頃にiPhoneを入れていたので、その跡が今もうっすらと。

 

ヒゲの入り具合や色落ちの濃淡で、いい感じに立体感が出ています。

 

 

 

バックポケット

 

 

この、バックポケットの縫い代のアタリがたまりません。

この部分は、710よりも結構アタリがつきやすいような気もします。

ちなみに710と711ではバックポケットの大きさ・・・というかデザインが若干ちがいます。

 

ヒザ裏のハチノス

ここで改めて、ハチノスをチェック!

やっぱり、うっすらですねー。

このハチノスが、もっとガッツリ出ていれば、今回のエイジングは文句なしだったのですが。

 

洗濯しまくりつつハチノスを定着させるのは、なかなか困難なようです。

 

革パッチ

711と言えば革パッチ。

 

 

履き始めて、アタリがしっかり定着するまでは、高温乾燥機に毎回かけていた事もあり。いい感じにビーフジャーキーです。

このくらいの感じが一番よい気もします。

 

ミミ、そして裾のアタリ

 

これだと少し分かりづらいですかねー。

ミミのアタリに関して、710よりもキャタピラ感が少ない感じです。
線がガーッと入っている感じ、というのが近いでしょうか。

個人的にはこちらの方が好みです。

 

そして、裾もしっかりアタリがでていますね。

 

 

ダメージ具合

今現在のダメージは、この辺ですかね。

真ん中のベルトループ上部。

リュック着用が多いためか、擦れて傷んでくるんですね。

 

でも、これはこれで味という見方もありますね!

 

 

ここ最近のお手入れ方法とまとめ

710もそうですが、今現在は普通の洗剤で他の洗濯物と一緒に、普通に洗濯して天日干しです。

ボタンは全部閉じて、裏返さずに表のまま。

特に変わったことはしていません。

 

ちなみにアタリがしっかりつくまでは、乾燥機を高温で40分。
それもできれば複数本のジーパンと一緒に、というのが良いと思いますが・・・

ある程度完成形に近づいてきたら、それも特に必要ないと思います。

 

ちなみに僕は、毎回こんな感じで育成しています。
↓ ↓ ↓
参考記事:リゾルト711で実践|ジーンズのエイジング方法
サイズ選びについて:リゾルト711|サイズ選びと縮み具合

 

僕の所有のリゾルトのようなエイジングがお好みであれば、このエイジング方法とサイズ選びで、近い感じは出せると思います。

勿論、生活習慣などがそれぞれ違いますので、全く同じにはならないとは思いますが。

 

もし何かご質問などあれば、お気軽に問い合わせフォームよりどうぞ^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

次の記事はこちらになります→リゾルト710の3年半弱の色落ち

 

スポンサードリンク

 

この記事はいかがでしたか?
  • 良かった (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙… (0)

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! ジーパン・シューズを中心として、それらに合ったコーデ、 そしてお手入れ情報など発信しております。 本音かつ主観で、「今」の最高の情報をあなたに提供します。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください