ジーパンやシューズを中心に、ファッションと関連情報を本音かつ主観で綴っていきます!

スニーカーの寿命はどのくらい?毎日履いたら?長持ちさせるには?

 

 

スポンサードリンク

 

どなたにも履きやすく、そしてコーデの幅も広い
更にはアウトドア系の遊びにもぴったりなスニーカー。

 

誰しも一足は所有している事と思います。

 

そんなスニーカーについて、この記事で得られることは

★どの程度まで履き込んで良いのかの基準

★より快適に、長持ちさせる方法

★大人に合った、長持ちするスニーカーについて

 

 

スニーカーって革靴と比べると、そこまで手入れにも手間がかかりませんし

幅広い場面で活用できます。

 

それ故、消耗度も結構激しい訳ですが
いったいどの程度まで履いて問題ないのか

スニーカーの寿命や、仮に毎日のように履いた場合に
どの程度もつものなのか、気になることと思います。

 

スニーカーの寿命はどの程度なのか

ソールからの判断

長く履いていて、まず傷んでくるのがソールですね。

気づいたときには、びっくりするほどにソールが減っていた
という事も珍しくありません。

 

このソール部分、元々の凸凹がなくなる程度であれば
まだ処分するには早いです。

 

が、アウトソールが完全にすり減りその内側(上側)の
ミッドソールが出てきたら、完全に寿命と考えて良いでしょう。

 

この状態は、バイクなどのタイヤで言うと
スリップサインまで完全に消え、カーカスが出ているような状態です。

 

そのまま履くと、地面から雨なども染みやすかったり
万が一釘やガラス片などを踏んだ場合
貫通の危険性も高まります

特別滑ったり、と言うのはそこまで感じませんが
上記の理由から、リアルに危険性が高まりますので
ミッドソールまで減った状態での使用は控えましょう。

 

ここまできたら、間違いなくソールの貼り替えか処分のタイミングです。

 

 

 

内装(ライニングやインソール)の状態からの判断

ライニング等に関しても、履き込んでいくと徐々に傷んできます。

 

歩いているとどうしても擦れるため、
大事に履いていても徐々にダメージが出てくる部分です。

 

内装のダメージにつきましては、性能面にはそこまで問題は感じませんが
履いていて、傍からみてわかる状態になったら、さすがに見た目に良くないので
リペアに出すか廃棄するかのどちらかになります。

 

 

汚れや外観からの判断

あまりに薄汚い状態になると、大人の履くスニーカーとして
ふさわしくありません。

ソールを含め、あまりにシミや汚れが沈着した状態ですと
みすぼらしい雰囲気になってしまいますので、お手入れで落ちなくなったら
処分の時と考えて良いでしょう。

 

ごく簡単な手入れで、清潔感を得る方法

 

また、キャンバス時のスニーカーなどは
長く履いていると穴が開いたりもします。

その場合も、完全に処分時です。

 

 

毎日履いた場合どのくらい持つのか

最近はスーツにスニーカーの組み合わせでの通勤も推奨されていますし
決まったスニーカーをほぼ毎日履いていたり、という事もあるかもしれません。

 

国がスニーカー通勤を奨励だと・・・?実はこんなにメリットがあった件

 

スニーカーの素材などによる耐久性や使用方法にもよりますが
経験上早ければ半年、持って1年半程度といったところでしょうか。

そのくらい連続で履くと、見た目的にそれほどダメージなく
大事に履いていても、ソールがほぼ完全にすり減っています。

 

耐久性に定評のある「ビブラムソール」を使用してスニーカーであれば
いくらか長持ちはしますが、それでもほぼ毎日履いた場合には
2年は持たないと思います。

 

ちなみに「ビブラムソール」を使用したスニーカーは、
ニューバランスの990番台でたまに出ていますので
公式サイトをちょこちょこ覗いていると、
運が良いと購入できたりします。

 

ニューバランス公式ストア
icon

 

 

長持ちさせるために気をつけたい事

数足をローテーションさせる

やはり長持ちさせるには、数足をローテーションさせるのが最善です。

 

参考記事:もしあなたが、靴のニオイに悩んでいるなら・・・

 

上記の記事でも紹介しておりますが、
1日の着用で、靴は結構なダメージをうけています。

 

内装部分だけでなく、外装の型崩れの原因にもなるんですね。

 

内外装ともに回復してから履くことで
スニーカーの寿命を大幅に延ばすことができます。

 

そのために、やはり2日程度は間隔を空けて履くようにしたいところ。

 

なので、できれば3足
少なくとも1日おきに2足で使い回す、ということは
やったほうが良いですね。

 

お手入れをしっかり行う

外装の汚れによる廃棄、という事態を極力避けるために
日々のお手入れはしっかりやっておいたほうが良いです。

 

 

とはいえ毎日履く度にお手入れ、というのも大変ですよね。

 

なのでどうしても面倒であれば、普段の手入れは
柔らかい馬毛のブラシで軽くホコリを落とす程度でも良いです。

 

あとは週イチ〜月イチのポイントをおさえたお手入れで、
効率よく最低限の手間でキレイにできます。

 

参考記事:スニーカーをできるだけ簡単に目一杯キレイにする方法

 

 

また、目立つ箇所を重点的にキレイにすることで
靴全体がキレイに見えたりもします。

スニーカーの場合ですと、何気に靴紐の占める視覚的面積が大きいので
少し汚れが気になったら、替えの靴紐にチェンジすることで
かなりキレイな見た目に戻すことができます。

 

※替えの靴ひもを購入する際に気をつけたい事

スニーカー用の靴紐って、ものによっては何度結んでも
すぐにほどけてしまったり・・・
というものもあったりします。

ほどけた状態に気づかずに歩いていると、紐を踏んで転倒したり、など
本当に危険です。←僕自身過去に経験があります

なので、できればきちんとした物を購入したほうが安心ですね。

 

ほどけにくい靴紐

 

 

着脱時には靴紐はほどいて結び直す

これ、やっていない人がほとんどですが
基本中の基本です。

 

脱ぐときには必ず紐をほどく

 

そして履いてからキチンと適正な状態に締めて
紐を結ぶ

これをしないだけで、ライニングの傷みも早くなり
すぐに型崩れなどもしやすいです。

 

また、靴紐をいじらずに着脱できるような状態にセットしておきますと
履いた状態で、足が適切に締められていないため
きちんと結んだ状態と比較すると歩きにくいですし
靴へのダメージも大きくなります

 

紐をほどく、紐を結び直す

これは習慣にしましょう。

 

関連記事:紐を結び直す理由と、履き心地も良くなる最強の結び方

 

 

 

 

歩き方に気を使う

特に、サイズの合わないスニーカーを履いている方に多いのが
靴を引きずるように歩くこと。

これをやると、当然ソールの消耗具合が激しくなります。

 

なので、引きずらないように気をつけて歩く。

 

そして、いわゆる正しい歩き方をする事で
靴へのダメージを最低限におさえる事ができ
長持ちさせる事につながってきます。

 

 

長持ちする高品質スニーカー

素材について

基本的には、布素材よりは革素材の方が長持ちします。

価格的に高額になる場合もありますが
高級感もあり長持ちするので、
安価なシューズを短期間で買い替えるよりも
長い目で見ると、良い場合が多いです。

 

特にスエードのスニーカーなどは、
丈夫でオシャレ、高級感もあって雨にも強いので
素材的には一番のおすすめですね。

 

ただ、スエードスニーカーは他のスニーカーと
お手入れ方法が若干異なる部分もありますので
そのあたりは事前に知っておくと良いでしょう。

 

関連記事:ご紹介します!スエード靴のお手入れ方法

 

 

また、合皮のスニーカーもありますが
あまり耐久性も高くないものが多い気がしますし、
ただ単に蒸れやすいだけなので異臭を放ちやすいです。

特にそのシューズにこだわる必要がなければ、
個人的にはオススメはしません。

 

本革、スエードのスニーカーが
特に大人のスニーカーとしては最適かと思います。

 

 

 

リペアサービスの有無

関連記事:メーカーの正規リペアサービスで、新品同様に復活したお話

 

一部のメーカーさんでは、正規のリペアサービスがあったりします。

大人向けの、ある程度以上の高級スニーカーであれば
長く履けますし、それによって愛着も出てきます。

 

なので購入の際には、正規リペアサービスの有無も
調べておくと良いですね。

 

正規リペアがなくても、「スニーカー リペア 〇〇(地名)」
などと検索をかけると、リペアショップが出てきたりもします。

それらのショップですと、メーカーがやっている訳ではないので
全く同じソールなどに貼り替えたり、は難しいとは思いますが
それでも修復可能なら直して使った方が良い場合もありますよね。

 

 

 

値段について

やはり、安価なものは破損しやすいです。

アッパー部分に穴があいたり・・・
まあ、さすがにつま先部分のアッパーとソールが分離したり・・・
とまでは今はあまりないでしょうが。

 

長持ちするスニーカーは、やはり1万円前後はみた方が良いですね。

 

どんなに信頼のおけるメーカーのシューズでも
あまりに安価なものは、結構早い段階で破損したりします。

 

ある程度長持ちさせる、という部分では
だいたい1万円くらいが境目なのかな、と個人的には感じています。

 


ニューバランス M1400
画像クリックで商品ページがご覧になれます

 

値段的には結構しますが、ニューバランスの最高傑作
M1400が個人的には超オススメの一足。

現存するスニーカーの中でも、完成度はトップレベルかと。

 

ただ、1400の通常ラインは既に生産終了しているので
今の在庫がなくなると、購入することはできません。

 

全てにおいて、恐らく最強スニーカーのM1400オリジナルは
特に、高級感のわかる大人に履いていただきたい一足。

 

参考記事:M1400の最強ぶりを検証する

 

サイズの合うのがあれば、即買いをおすすめしたいところです。

 

 

まとめ

とにかく、「危険でないか」「みすぼらしくないか」
といったあたりが、廃棄やリペアのタイミングだと思います。

 

そして長持ちさせるには、お手入れや着脱時の注意
そして歩き方まで意識すると良いですね。

複数の靴を履き回すのも大事です。

 

素材的には布よりは革。

 

スニーカーの値段の境目は、だいたい1万円前後。

 

 

大事に長く履いて、寿命が来たら
廃棄かリペアか。

 

素敵なスニーカーライフをお過ごし下さいませ☆

 

スポンサードリンク
この記事はいかがでしたか?
  • 良かった (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙… (0)

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! ジーパン・シューズを中心として、それらに合ったコーデ、 そしてお手入れ情報など発信しております。 本音かつ主観で、「今」の最高の情報をあなたに提供します。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください