バイクツーリングにぴったりのバーナー選び【同時に必要なものもご紹介】

 

スポンサードリンク

海際とか、景色の良いアウトドアだと、カップラーメンすら激ウマに感じますよね!

コーヒーとかも、ありえない美味しさで贅沢なひとときを過ごせたりします。

 

特に、バイクでのソロツーリングの時などは、ちょっと自分にも酔いつつ心の洗濯ができたりします。

 

そんなひとときの強い味方となってくれるバーナーを、バイク乗り視点で解説していきます。

 

 

 

 

 

バイクツーリング向きのバーナーの選び方

とにかくかさばらない事が最重要です

迷ったら、より小型のものが良いかも

バイクツーリングの場合、必要のない荷物は極力減らす必要がありますよね。

なので、とりあえずマストアイテムではない位置づけのバーナーは、まずはかさばらない、という事を最優先に選ぶと良いです。

 

また、風に強いものの方が、海辺などで火を起こす時にも心強いですが、風よけは別売りでも売っていたりします。

また、最悪の場合石を積み重ねたりでなんとかなります。

 

なのでまずは、小型でかさばらない、って点に注意すればとりあえずOKです。

 

 

 

ガスボンベタイプのものとホワイトガソリンのものはどっちが良いの?

バイク乗りならホワガソをオススメします

 

というのも、ホワイトガソリンのバーナー(ストーブ)は若干の手間がかかる分、飯や飲み物も抜群に美味しく感じます。

 

めんどいのは嫌いで、「とにかくちゃちゃっと火をおこして、食うもん食いたい」という人にはホワイトガソリンよりもガスボンベのものがオススメですが、、

でも多分、バイク乗りの場合、若干の手間をかけることに喜びを感じる人が多いと思います。

 

実際僕も、やっぱり便利すぎるものより若干手間のかかるものの方が好きです。

 

あんまり便利だったり使い勝手良すぎるものって、何か味気ないんですよね。

ひと癖あった方が絶対に楽しいし良いです。

 

このあたりは、昔のカワサキ車やかつてのRGVーγが欲しくなる気持ちと似ているかもしれません。

NSRとかも、PGMカードキーの94よりも88のSPとかの方がマニア受けしますよね。

そのへんの感覚と近いかもしれません(ロスマンズカラーかっこよかったなぁ)

 

なのでバイク乗り向けには、ホワイトガソリンを使用するタイプをオススメするのですが、参考までにホワイトガソリンのバーナーは、いったいどのへんが手間なのかも挙げておきます。

①火を起こす前に、バーナーについているポンプでタンク内に空気を充満させる必要がある
②ものによっては、本格的に着火する前に、プレヒートといって暖機をする作業がいります
③使用中にも、火力が落ちてきたら、再度ポンピングをする必要があります

 

 

その代りにちょっとうれしい点としては

・手間がかかるというのはデジタル感がないぶん、逆にアナログで生き物的な感じがあります。
なので食べ物や飲み物もMAXにおいしく感じますし、バーナー自体に対する愛着もとても湧きます。

 

ちなみにホワガソ燃料のタイプの場合、ガソリンや灯油でもいけちゃうものもあったりします。

なのでもし手持ちのホワガソが切れてもなんとかなったりします。

 

もっとも、できれば精製されたホワイトガソリンの方が良いは良いですが。

 

バーナーを使う時に最低限必要なもの6点です

とりあえず、この6点は必須です。

 

・コッヘルセット

お湯を温めたり、これがないと始まりません。
カップが付属でない場合には、シエラカップなども併せて持っておきましょう。

 

・使用後のコッヘルを拭く紙ナプキンなど(持ち物に余裕があれば洗剤やスポンジなども)

使用後に、洗える場所があれば良いのですが、なかなかそうもいかなかったりします。
なのでコッヘルセットなどを拭く、紙ナプキンなども持っておきましょう。

 

・燃料

これがなくては、、、

 

・燃料をタンクに入れるときに使うじょうご

100均とかにもじょうごはありますが、耐久性など考えると、アウトドア用品店での購入が安心です。

 

・カップ麺やコーヒーをいただく場合には水のペットボトル

ひと息尽きたい場所に、必ず水道があるとも限りません。
なので、水のペットボトルは必須ですね。

できれば2Lのものをタンデムシートにくくりつけた荷物に忍ばせておくと良いです。

 

・ゴミ袋と、使ったコッヘルをそのまましまえる袋

ゴミをそのままにするわけにもいかないので、持ち帰るためのゴミ袋とが必要です。
あと、使い縦のコッヘルなどをそのまましまえるコンビニ袋的なものものも必要です。

コッヘルには、収納袋がついていたりしますが、そこに洗っていないコッヘルとか入れるのイヤですもんね。

なのでコッヘル用のコンビニ袋も用意しておくと良いです。

 

【バイク乗り目線でみる】オススメのバーナーと周辺アイテムはコレだ

あくまでバイク乗り目線です。

オススメバーナーは

 

 MSR ウィスパーライト

 画像クリックで商品ページをご覧になれます

火力が強く風にも結構強いです。

また、本体は折りたたんで小さくなるのでかさばりません。

 

燃料タンクが別売りなのがアレですが、基本的に1番小さいサイズのタンクを購入すれば大丈夫です。

沖縄長期滞在の時にも持っていきましたが、耐久性も◎

 

価格は15000くらいからですかね。

多分、これ1個で10年は使えるはずなので、値段的には全然格安ですよね。

 

 

 

 

コッヘルセットについてはとりあえず1Lのものと、ワンサイズ小さいものがセットになったものならOK

ただ、こだわりたいのがカップですね

 

チタンのシエラカップが通な感じもありオススメ

 

画像クリックで商品ページをご覧になれます

 

飲み口が熱くならないので、これにキャンベルスープとか入れて、そのまま温めて飲めます。

 

軽いし、多少雑に扱っても問題ないシンプルなデザインも魅力です。

 

 

 

海で飲むコーヒー、そしてキャンベルスープやカップラーメンも激ウマで、至高の時間を楽しめるアイテムたちです。

 

ぜひ、ソロツーリングのお供にしていただくと人生変わります☆

 

そして多分、この後にはパックロッドを持っての釣り&ツーリングに発展していくかと思われます(僕の体験上)

 

最高の休日を、お過ごしください!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

おすすめの記事