ジーパンやシューズを中心に、ファッションと関連情報を本音かつ主観で綴っていきます!

秋〜年末年始の国内旅行|最適な旅行かばんや旅行用品はどれ?

2018/10/09
 

秋から年末年始にかけては旅行シーズンでもありますね。

温泉地や湖はもちろん、そして晩秋〜冬の海なども情緒があってステキです。

 

今回は1〜4泊程度の国内旅行に絞って、かばん・バッグや便利な旅行用品まで見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

かばん・バッグ選び

メインのかばん・バッグ

飛行機利用の際

飛行機利用の際にはスーツケース、プラス機内持ち込み用バッグで良いでしょう。

機内持ち込み可能サイズに関しましては「55cm × 40cm × 25cm以内」「重さ10kg以内」の規定があります。

 

詳細に関しましてはJALの公式HPに記載があります。

 

機内持ち込み用バッグは、現地観光時に使えるような小型のリュックにしておくと良いです。

 

また、飛行機利用の場合でスーツケースを利用する場合、もしお持ちでなければレンタルサービスを利用するのも良いと思います。

【DMM.com】今なら送料無料でレンタルできる!スーツケースレンタル!!

 

 

新幹線など電車利用の際

個人的には機動性の高いリュックがオススメ

ボストンバッグなどもアリだとは思いますが、両手が空くのは大きいです。

ちなみに旅行用リュックとしては、上部がフラップ式になっているものが万人にオススメとなります。

フラップ式とはこのようなもの
↓ ↓ ↓

画像クリックで商品情報がご覧になれます

このように上部がフタ状になっているものです。

これですと、通常タイプにはない利点が2つほどあります。

①お土産などで荷物が増えてリュックの容量を多少超えても、ファスナータイプと違いフタをかぶしてしまえば大丈夫

②中の部分をヒモで閉じて、その上にフラップがくるので防犯対策という点でも通常のファスナータイプよりは安心

 

僕自身は、一般的なファスナーモデルを使用していますが、どなたにも安心して勧められる旅行用リュックはフラップ式ですね。

 

ちなみにブランドに関しましては、僕自身もこれまで色々試しましたが、ドイターのものが一番コスパが良いと思います。

 

事実、アウトドア用品店の店員さんにも愛用者が多いですね。

ドイターのリュック一覧

 

秋冬の旅行は夏と違い、背中部分の汗も気にしなくて済みますので、リュック活用のデメリットは思いつきません。

 

 

旅行先で使う、サブのバッグ類

旅行期間中の機動力を高めるためにも、現地観光用の小さめのバッグも持っていきましょう

現地までスーツケースで行く場合でスペースに余裕があるのであれば、小型リュックの持参をオススメします。

 

モンベルのこのモデルなどは、お値段も格安でしかも折り畳めるのでちょうど良いですね。

画像クリックで商品情報がご覧になれます

 

が、そうでない場合には小さくたためるキャンバス地などのトートバッグがオススメです。
このタイプはお値段も非常に安価なのが助かります♪

トートバッグを使う際には、中で荷物が行方不明にならないよう、バッグインバッグもあるとより良いですね。

バッグインバッグに関しての記事はコチラにございます

 

旅行用品

これだけは必須・忘れないようにしたいアイテム類

 

普段の日常で持ち歩いているもの以外に、特に旅行という事で持っていく必要のあるアイテムを挙げてみます。

 

スマートフォンの充電器

これ、忘れると結構悲惨なことになりかねません。
必ず持っていきましょう。

ただ、宿での使用となると思いますので、荷物の下の方に入れておけば良いです。

下着 靴下類

これは日数分必要です。

ただ、あえて現地で購入するという考え方もありますので、そのあたりは人によって若干の違いはあると思います。

替えの服

秋以降のシーズンですと、パンツ類は毎日は変える必要はないと思います。
荷物を少なめに抑えたい場合には、外用のジーパンなどとホテル室内用のものの2本あれば良いでしょう。

トップスに関しましては、やはり日数分欲しいところですね。
1日中動き回っていると、結構汚れますからね。

 

パジャマ

寝巻きに関しては、ほぼほぼ宿に常備されていますが、ここは持参した方が良いと思います。
寝ている時間って大事ですからね。

しかしさすがにこれは、日数分は現実的に厳しいですね。

1着で良いでしょう。

 

ビニール袋

コンビニやスーパーの袋でOKです。

何かと重宝しますので、大きなものから小さめのものまで、若干多めに持参すると良いでしょう。

荷物の、すぐに取り出せるところに収納しておきましょう。

 

ひげそり ヒゲトリマー類

備え付けのひげそりを使用しても全く問題ありませんが、僕もそうなのですがヒゲを生やしている方。

できればヒゲトリマーも持っていきたいところです。

もしかさばって嫌だ、という場合には、せめて眉毛なども整えられる小型のハサミだけでも持参しましょう。

 

筆記用具

これ、結構使うことあります。

僕の場合ですと、現地で思いついた仕事に活かせるアイデアなどを手帳にメモしたりするので必須です。

まあ、メモだけであればスマートフォンのメモ帳でも大丈夫ですが、ホテルなどで記帳する際など、やはり自前のペンで書きたいものです。

 

ちなみにホテル備え付けの備品の情報や、宿泊料金などの比較に関してはコチラが便利です。
人気ホテル&旅館が最大50%オフ


あると便利・できれば持ちたいこのアイテム

スポンサードリンク

モバイルバッテリー

これは結構、普段から持ち歩いている方も多いのでは?

現地や移動中、デジカメでなくスマートフォンで写真を撮る方も多いですよね。

なので意外に電池の消耗があります。

 

フル充電の状態で、iPhone2回半くらい充電可能なものだと安心です。

 

延長コード

ホテル内では、意外にほしい場所にコンセントがなかったりします。
また、コンセントの数自体そんなにありません。

なのでこの延長コードを1本持参しておくと便利ですね。

3M程度のものが良いでしょう。

 

ウエットティッシュ

移動中お菓子を食べた際
また、その他にもちょっと気になるところを拭いたりと、何かと役にたちます。

これはまあ、旅行時以外にも普段からあると便利なものですね。

むしろ必需品に近いです。

 

圧縮袋

着た服や、使用したタオルなどを持ち帰る際に便利です。

100均にあるもので全然大丈夫ですね。

大きさや持参する枚数に関しましては、着替えの枚数などで違ってきますが、若干多めの枚数あると安心です。

 

S字のフック

これに関しましては、いらないという意見もありますが、個人的にはあっても良いんじゃないかな、と思っています。
そもそもかさばる物でもありませんし、電車内のテーブルにコレを使ってお菓子袋をぶらさげたり、と結構使えます。

無理に用意する必要はありませんが、あると便利ですよ。

 

歯ブラシ|歯磨き粉

これ、ホテルにほぼ間違いなく常備されています。

でも備え付けの歯ブラシってすごく磨きにくくないですか?
更に言うと、歯磨き粉に至っては、朝起きたときに逆に不快な感じだったり・・・

なのでこれらは、僕は泊数に関係なく毎回持参しています。

 

折りたたみ傘

結構周期的に天候の変化もある季節になりますので、もし雨が降る可能性があるようでしたら、折りたたみ傘は持参しておいたほうが安心ですね。

この場合、基本的には丈夫さよりも軽量コンパクトなものを持参したほうがストレスがないと思います。

参考記事:安くて軽くて安心な折りたたみ傘

 

マスク

移動中や就寝中に活躍してくれたりします。

ホテル内は結構乾燥していたりしますので、喉の弱い方には強い味方になってくれるはずです。

移動中も同様ですね。

 

イヤホンの2又ソケット

これ、多分ほとんどの方はお持ちでないと思いますが・・・

こういうやつです。
↓↓↓


画像クリックで商品情報がご覧になれます

電車や飛行機での移動中、彼女や奥さんと一緒に、同時に同じ音楽などを聴くことができます。

なければないで問題ありませんが、ほとんどタダみたいなお値段ですし、あると楽しいアイテムですね。

 

マフラー

時期的にまだそこまで冷えない、でも現地は寒いかも・・・

といったときに有効なのが、マフラーですね。
薄手のものでもOKです。
もし寒くても、首元を暖めると全然違いますので、あると安心ですね。

 

交通手段などにあったバッグ、そして必要なものをしっかり持参して、楽しい時間をおすごしくださいね!

 

 

☆次の記事☆
秋旅行のコーデについて

旅行用のシューズについて知っておきたい方にはコチラ

 

スポンサードリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

この記事はいかがでしたか?
  • 良かった (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙… (0)

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! ジーパン・シューズを中心として、それらに合ったコーデ、 そしてお手入れ情報など発信しております。 本音かつ主観で、「今」の最高の情報をあなたに提供します。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください